2015年年間投票ALBUM部門

2015年年間投票ALBUM部門

ビルボード研究会では、毎年独自の年間ベストランキングをメンバーの投票によって作成しています!これを年間投票という冊子にまとめているのですが、ここについ先日行われた2015年の投票結果を公開しちゃいます。メンバーがこの1年どんな音楽を聴いていたのか参考にしてみてくださいね!

この記事ではアルバム部門の結果を公開します。シングル部門と違いロック勢の人気がかなり強く、海外メディアでも高い評価を得たアルバムが多くランクインしています。結構良いランキングだと思います。ストリーミングサービスの普及などシングル単位で聴くのが主流になりつつある中で、アルバム単位で聴くことへのこだわりはロックファンに根強いものがありますし、投票結果もロック寄りになるみたいです。

シングル部門はこちら

アーティスト部門はこちら

<アルバム部門>

30位   1989     /   Taylor Swift   174.66pts

29位      Emotion   /   Carly Rae Jepsen   180.71pts

28位      Currents   /   Tame Impala   183.03pts

27位      Uptown Special   /   Mark Ronson   190.51pts

26位      Pageant Material   /   Kacey Musgraves   192.25pts

28位は豪のサイケバンドで海外メディアの年間ベストでは上位安定の高評価ぶりでしたね(sora)

 

25位      Little Victories   /   The Strypes   196.90pts

24位      Made In The A.M.   /   One Direction   202.75pts

23位      How Big, How Blue, How Beautiful   /   Florence + The Machine  203.40pts

22位      I Love You, Honeybear   /   Father John Misty   204.79pts

21位      Music Complete  /   New Order   213.30pts

25位はアイルランド出身、期待の若手ギターロックバンド。年に似合わぬクラシカルでブルージーな音が今まで持ち味でしたが2ndは幅が広がった感じで賛否両論の印象。日本でかなりプッシュされているイメージがありますが、もしやビル研OBさんのおかげなのでしょうか? 22位は評価の高かったアルバム。ブライアンウィルソンあたりを思わせる厚みある豊潤なサウンドが美しいインディーフォークロック。21位はベテランによるテクノ全開の新作(sora)

 

20位      Tuxedo   /   Tuxedo   218.66pts

19位      What’s Inside: Songs From Waitress   /   Sara Bareilles   223.66pts

18位      Kintsugi   /   Death Cab For Cutie   227.01pts

17位      Every Open Eye   /   CHVRCHES   230.50pts

16位      Anthems for Doomed Youth   /   The Libertines   240.25pts

16位は再結成したリバが遂に作った新作。まさかリアルタイムで彼らの新作を聴けるとは。勢いは過去2作に及ばずとも、ピートとカールらしい良曲が揃っています。(sora)

 

15位      Peace Is The Mission   /   Major Lazer   240.92pts

14位      Carrie & Lowell   /   Sufjan Stevens   249.42pts

13位      Black Messiah   /   D’Angelo And The Vanguard   259.88pts

12位      Sometimes I Sit And Think, And Sometimes I Just Sit   /   Courtney Barnett   263.45pts

11位      To Pimp A Butterfly   /   Kendrick Lamar   277.54pts

メディア受けしたアルバムが並んでいますね。14位は傑作の呼び声高いインディーフォーク。シンプルで澄んだ美しさがあります。12位はグラミー新人でノミネートされ話題になりました。Pavementあたりの文脈で捉えられそうなインディーロックらしさ溢れるギターサウンドと気だるく語るように歌うスタイルが魅力的。歌詞が素晴らしいらしい。(sora)

 

10位        25     /   Adele   284.59pts

09位      Drones   /   Muse   285.71pts

08位      My Love Is Cool   /   Wolf Alice   292.75pts

07位      Caracal   /   Disclosure   298.66pts

06位      In Colour   /   Jamie XX   318.66pts

8位は注目の若手。6位はThe XXのJamie XXのソロで非常に高い評価を受けました。(sora)

 

05位      Purpose   /       Justin Bieber   321.62pts

 

04位      The Magic Whip   /   Blur   353.73pts

日本でのフェスが中止になり香港にとどまった空き時間をきっかけに、まさか12年ぶりの新作を作ってくれるなんて!シニカルで明るいブリットポップを作り上げ、その後ローファイに接近するなど実験精神旺盛に音楽性を大きく変え、独創性を深化させてきたブラー。彼らだからこそできた、シュールな楽しさとダークな緊張溢れる音が上手く同居した良作。英国から遠く離れた極東の地にインスパイアされたからなのか、シリアスで張りつめた空気をもった楽曲が特に目立ち、社会批評性に満ちた歌詞を歌うデーモンの奥深い声は時に魔術のように魅惑的でさえある。アイスを食べながら聴きたいところ。(sora)

 

03位      True Colors   /   Zedd   419.58pts

 

02位      Sound & Color   /   Alabama Shakes   423.88pts

 

01位      Chasing Yesterday    /   Noel Gallagher’s High Flying Birds   462.72pts

のえのえ~。やったね、お兄ちゃん!ぼく、しんじてたんだ。うれしくてたまんないや。ナナナナナーナナナナナナーナナー♪(In the Heat of the Momentを歌い始める)。

というわけでオアシス兄貴の2ndソロが堂々の1位です。とにかくメロディーが良い!スペースジャズ風のアレンジなどサウンド面で新たなチャレンジがなされる一方で、Oasis初期を思わせる疾走感あるロックンロールナンバーも収録されていて彼のキャリアの中ではかなり幅の広さをもったアルバム。ソロになってからのノエルは直球なギターロックにこだわらずダンサンブルだったりサウンド面で自由にやっている感じ。個人的にはもっとギターを弾いてくれとも思いますがノエルがセルフプロデュースを楽しんでやっているなら何より。歌詞ではWe Believe in Magic Loveなど相変わらずロマンチストなところがあってキュンと来る。(sora)

 

以上です

コメントを残す