2016年5月28日のプレイリスト(担当:37期S.T君)

2016年5月28日 (土)、37期のS君の担当の企画がありました。そのプレイリストを公開します。

OO(S君の名前)の音楽事情・ブラックミュージックへようこそ!

1.Let’s Go Crazy/Prince and The Revolution

プリンスの超有名アルバム”Purple Rain”の一曲目です。1984年にリリースされました。初めて聴いた瞬間に独特の世界観に引き込まれてしまいます。殿下ワールド炸裂ですね!

2.Jam/Michael Jackson
MJ同士のPVでのコラボが記憶に新しいこの曲。リリース当時はMJの一人、アメリカプロバスケットボールリーグNBAのレジェンドの中のレジェンドであるマイケル・ジョーダンがキャリアの中で初めて優勝を手にしたシーズンでもあります。(彼はその後、二回三連覇を果たしました。)ちなみにこのシーズンの決勝でジョーダンはマジック・ジョンソンというレジェンドを有するチームと激戦を繰り広げました。MJイニシャルを持つ人はすごい人が多いですね!曲の話に戻ると、”Wanna Be Startin’Somethin'”とこれはライブの最初にパフォーマンスするのが鉄板です。キレッキレのビートがゾクゾクさせてくれます。

3.Straight Outta Compton/N.W.A.

伝説のヒップホップグループ、N.W.A.のデビュー曲。まだ1980年代です。かなり攻撃的な歌です。順番にアイス・キューブ、MCレン、イージー・Eの三人がラップをしています。声にかなり違いがあるので聞き分けてみてください。先日N.W.A.が映画化されて見に行きましたが、彼らを取り巻く様々な光と影が描かれていてとても見ごたえがありました。まだ見ていない方は是非見てください!

 

4.Don’t Think They Know/Chris Brown (feat.Aaliyah)

アリーヤという若くして亡くなってしまった、女性R&Bシンガーの音源を入れてクリス・ブラウンがリリースした曲です。アリーヤさんは声も曲も容姿も美しいです。亡くなっていると思うと、曲全体に哀愁が漂います…。

5.Irreplaceable/Beyonce

皆さん、今年のスーパーボウルハーフタイムショーを見ましたか?コールド・プレイがメインで、ブルーノ・マーズとビヨンセが出ていましたが、ビヨンセが完全に「ビヨ様」状態でした。ちなみに私はブルーノ・マーズのチンピラ風アップタウン・ファンクのパフォーマンスが大好きでした(笑)。この曲はそんなビヨンセが「ビヨ様」という風格を手に入れる前のフレッシュな頃の曲です。ただ、このころからあの独特な声は健在ですね。聴くと安らぐ良い曲です!

6.Starships/Nicki Minaj

実はこの曲今週の月曜日までずっとタイトルが分かりませんでした…。ずーと前から気になってはいたんですけどね。今から4、5年前の曲ですが、サマーチューンにもってこいです。皆さん、アゲていきましょ!

7.Poetic Justice/Kendrick Lamar(feat.Drake)

ここから私のお気に入り系ミュージックを3曲流していきます。まずは、これ!スローテンポの中に女の人の声が入っているのがポイントです。それとケンドリック・ラマーはかなり好きです。HIPHOPミュージシャンの中でもダントツで好きです。

8.Miss Right/Anderson .Paak

お次はこの人!自分の中で最近最もトレンディーなミュージシャンです。独特な声と様々な音が聴こえてきます。しかも非常に上手くまとまっているんです。アルバム”VENICE”を是非聴いてみてください!

9.Really Love/D’Angelo and The Vanguard

今年のグラミー賞でも名前が挙がっていましたね!言葉では説明できない良さがこの曲にはあります。とりあえずイントロから前奏にかけての1分半に耳を傾けてみてください。何か持っていかれます。(笑)

10.Give It Away/Red Hot Chili Peppers

先ほどの3曲とは打って変わってこの曲。私今年からバンドを始めまして、先日これとマルーン5でデビューを飾ってきました。ギブダウェイめっちゃ楽しかったです。ボーカルのアンソニー・キーディスやベースのフリーのはじけっぷりが良いですよね。スーパーボウル2014でのブルーノ・マーズとのコラボは必見です!

11.Addicted To a Memory/ZEDD (feat.Bahari)

今年の始め、ゼッドのライブにビル研メンバーと行ってきました!サイコーでした。ゼッドは聴きやすくてキレイめな曲を作るので、洋楽にあまりなじみのない方でも好きな人はいるんじゃないかな~?私はこの曲を始めて聴いたとき、なぜか「ZEDDのディズニーエレクトリカルパレードのリミックス聴いてみたいな~」と思いました。曲が二転三転して、最後に畳みかける感じが好きです。それと彼の曲って女性ボーカルを混ぜるととても合いますよね…。すごいです!

12.Bad/David Guetta and Showtek (feat.Vassy)

ZEDDのライブでこの曲をやっていました。EDMの典型的な曲構成ですがだからこそとても盛り上がります!サビのメロディーがとてもかっこいいです。

13.Icarus/Madeon

EDMとは違う味わいを持つマデオンの音楽。EDMのようにアゲていくスタイルではなく、独特な世界を構築して、魅せていくスタイルな気がします。まだ21歳なのに…。エレクトロ系もこれからどんどん聴けて行けたらな~と思います。マデオンのおかげで電子音の美しさを知りました。

14.Wake Me Up/Avicii

アヴィーチーの定番ソングです。EDMなのに電子音だけでなく、カントリー系の楽器を入れ、更にソウルシンガーまでフィーチャーさせているのが大きな特徴です。アヴィーチーは”Levels”のような電子音曲も良いですけどね。6月5日に彼は最初で最後の来日公演を行います。私も色々あって見に行くことができるようになりました。来日キャンセルしませんように!

15.Sign O’the Times/Prince

1987年に同タイトルのアルバムに収録されています。ちなみにこの名前を冠したライブ映像の映画もあります。先日見に行きました!最初から最後まで流れ続ける音が超絶かっこいいです。どこかジミヘンを彷彿とさせます。ロック好きの方にも殿下はおすすめです!

16.Nobody’s Business/Rihanna (feat.Chris Brown)

この前までリアーナはチャートの一位に君臨していましたね。この曲はポップス寄りのR&Bだと思うので、とても「ブラックミュージックへようこそ」にふさわしいと思います。あとクリス・ブラウンってソロよりも客演のほうが存在感ありますよね。

17.Pass the Courvoisier,Pt.2/Busta Rhymes (feat.P.Diddy and Pharrell)

去年のサマソニでファレル・ウィリアムスが歌っていたのを聴いて初めて知りました。『Don’t this shit make a nigga wanna (Jump Jump!!!)×8』がすごく印象に残ります。よろしければ皆で一緒に歌いましょう!リリースは2001年ということで、若かりし頃のねっとりとしたファレルの歌声が聴けます!

 

18.Put Me Thru/Anderson .Paak

これから私のお気に入り系ミュージックパート2に入っていきます。先ほど流したアンダーソン・パークの曲です。これと次の曲は今年リリースの”MALIBU”というアルバムに入っています。ピアノの音がめちゃめちゃかっこいいです。次曲とセットでお聞きください!

19.Am I Wrong/Anderson .Paak (feat.ScHoolboy Q )

この曲はすごいです。次から次へと色々な音が流れるように聞こえてきます。そして、いつの間にか曲が終わります。終盤にある楽器がメインを張りますが、初めて聴く方はきっと驚くと思います。アンダーソン・パークについては書けないので語らせてください!これが収録されているアルバムはアルバム単位で聴くとさらに良いと思います。タワレコで視聴して購入しましたが、大当たりでした。必聴盤です!

20.These Walls/Kendrick Lamar

またケンドリックです。

今年のグラミー賞でも超話題になった”To Pimp a Butterfly”に入っています。これもアルバム単位で聴いてください。あと調べれば調べるほど面白かったので一年ほど前に買った輸入盤に続いて昨日国内盤まで買ってしまいました。自分なりにこのアルバムは読み解きたいですね…。この曲で”These Walls”という言葉には複数の意味があるようで最初は「×××」らしいのですが、曲が進むにつれて、社会的な意味を帯びていきます。興味を持った方は調べてみてください。以上、私のお気に入り系ミュージックパート2でした。

21.Tonight(7’Mix)/Cool Million (feat.Glenn Jones)

デンマークのフランク・ライルとドイツのロブ・ハートによるディスコ、ソウルプロダクションであるクール・ミリオン。80’Sディスコリバイバルということでレトロな雰囲気が漂います。音質はめちゃめちゃ良いですけど(笑)。とても気持ちを明るくしてくれる曲です!サックスのソロがドンピシャな感じしますよね。

 

22.We Wanna/Alexandra Stan & Inna (feat.Daddy Yankee)

ルーマニア出身のアレクサンドラ・スタン、通称アレスタの曲。タワレコでそのエキゾチックで口が大きくて且つツリ目で美しくて、可愛い風貌に魅せられて聴いしまいました。曲が全体的にビートを前面に押し出したものになっています。ダンスミュージックとしても乗れますし、R&B入門に良いと思うので聴いてみてください!

23.If It Ain’t Love/Jason Derulo

ジェイソン・デルーロ、人気ありますよね。ダンスが超うまい筋肉黒光りなマッチョシンガーです。彼はR&Bとポップスの要素を合わせてキャッチーな曲を出しますよね。彼のライブを生で見てみたいです。これは今年の新曲でサビの三連符がクールです。サビで三連符が使われている曲ってあまりない気がするので何かありましたら教えてください。

24.Body Language/kid Ink (feat.Usher and Tinashe)

若手イケメンラッパーのキッドインクに大御所シンガーのアッシャーと、セカンドアルバムのリリースが待ち遠しい若手シンガーのティナーシェとのコラボ曲です。アッシャーの存在感がやばいです!声に色気がプンプンします。こうゆうキャリアに差があるアーティストのコラボって面白いですよね。それぞれの世代の魅力が出るので聴いていて色々考えてしまいます。面白いです。

25.Something New/Zendaya (feat.Chris Brown)

今年リリースの新曲。私と同い年のゼンデイヤの曲です。彼女はディズニーチャンネルのドラマ「シェキラ!」で主人公のうちの一人、ロッキーを演じていました。結構正統派なR&Bという感じがします。素敵な声もしていますしこれからが楽しみです!途中から入るクリス・ブラウンがめっちゃかっこいいです。

 

 

26.Bumpy Ride/Mohombi

コンゴの王族の父とスウェーデン人の母を持つシンガーソングライターのモホンビ。身長は195cmくらいで足がとても長く、顔もかっこいいという…。PVを見ていただくと分かりますが、あんなにVネックTシャツとハーフパンツが決まる男は中々いないと思います。南国チックな曲でサマーチューンにもってこいです。

I wanna boom bang bang with your body-o

We’re gonna rough it up before we take it slow

Girl let me rock you rock you like a rodeo

(It’s gonna be a bumpy ride)

たびたびこのフレーズが出てくるのでみんなで歌いましょう!

27.No Sense/Justin Bieber (feat.Travis Scott)

私は彼のことを心の中で「ビバ男」と呼んでいます。アルバム、パーパスがとても気に入って敬意と親しみをこめてそう呼ぶようになりました。アルバムの中でもこの曲は特に影があってついつい聴いてしまいます。8月の来日公演が非常に楽しみです。

28.I Want You/Savage Garden

90年代の曲です。現在放送中のテレビアニメ「ジョジョの奇妙な冒険、ダイヤモンドは砕けない」のエンディングテーマに使われています。曲全体に漂う独特な感じがクセになります。

グレートでスよ こいつはぁ~~~っ

 

 

29.Can’t Stop the Feeling/Justin Timberlake

最後はこの曲!ジャスティン・ティンバーレイクのできたてホヤホヤ曲!完全に売りに来ましたね!”Happy”や”Love Never Felt So Good”を彷彿とさせる曲です!明るくてキャッチーなメロディーがナイス。”Can’t Stop the Feeling!!!”というJ.T.のファルセットが頭から離れなくなります!この人、色々な事業で成功していて、ほんとにすごいですよね。彼のドキュメンタリー番組とか見てみたいです。

長い時間お付き合いいただき誠にありがとうございました!楽しんでいただけましたか?OOがどういう人間なのか?どういった音楽が好きなのか?を少しでも知っていただけたら、また、新しい音楽への架け橋を見つけてくれたら嬉しいです!皆さん、これからもよろしくお願いします!

コメントを残す