2017.6.3のPlaylist(担当: 39期F君) アルバムの最初の曲・最後の曲

38期企画長です。今回は39期(新入生)のトップバッターとしてFくんが担当してくれたプレイリストを載せます。

 

こんにちは!初めての企画ということで張り切っている39期のFです。今回は「アルバムの最初の曲・最後の曲」をテーマに、曲順にこだわってプレイリストを作成してみました。ロックをメインにいろんなジャンルを取り入れたつもりですが、入ってないもの(R&Bなど)は次回以降の詳しい人たちにお任せします。
※(初)は一曲目、(終)は最後の曲です。

1.The End -My Chemical Romance(初)
スタートはこの曲から。アルバムの一曲目なのに、その名も”The End”。この曲を収録したアルバム、”The Black Parade”の発売10周年を記念したカバーアルバムでは、日本の某バンドがこの曲をカバーしています。

2.Dead -My Chemical Romance(初)
同じくマイケミから。一曲目の”The End”とつながっており、例外的にこのプレイリストに取り入れました。ギターがかっこいい。

3.Bad Romance -Lady Gaga(初)
言わずと知れた超有名曲。もはや説明は不要でしょう。

4.Nuclear Family -Green Day(初)
三部作”Uno! Dos! Tre!”の一枚目、”Uno!”から。疾走感がありとても盛り上がる曲です。

5.15 step –Radiohead(初)
この曲はRadioheadの中でも、かなり取っ付きやすいと思います。5拍子の珍しい曲。2016年には一度しかライブで演奏されませんでしたが、今年は多くのライブで演奏されています。

6.Addicted to a Memory feat.Bahari –Zedd(初)
少し変わってEDMへ。(Bad Romanceは果たしてEDMなのか?)ライティングにはZeddの”Spectrum”や”Find You”でおなじみのMatthew Komaが参加しています。歌っているのはカリフォルニア出身の女性3人組グループ、Bahari。

7.Divinity feat.Amy Millan -Porter Robinson(初)
Googleによる2014年のまとめ動画のBGMとして使用された曲。彼は当初、初期のSkrillexのようなハードな曲を多く作っていましたが、徐々にこのようなエモーショナルな曲を作るようになっていきます。

8.Last Living Souls –Gorillaz(初)
先月ニューアルバムをリリースしたGorillazの二枚目のアルバム、”Demon Days”から。厳密には二曲目ですが、一曲目がインストなので特別扱い。

9.Radioactive -Imagine Dragons(初)
ダブステップ風の一曲。”ぬいぐるみ×ファイトクラブ”的なMVが怖い。彼らも今月にニューアルバムを発売します。

10.Eraser -Ed Sheeran(初)
最新アルバム”÷”から。”+”、”×”、”÷”ときて、次作は”-”でしょうか?

11.Storm Warning -Hunter Hayes(初)
個人的にはEd Sheeranよりもソングライティング力は優れていると思うのですが、いまいち存在感を発揮できていないハンターくん。やはりアコースティックギターの弾き語りにはかなわないのか…

12.The Suburbs -Arcade Fire(初)
のどやかな曲で思わず鼻歌を歌いたくなります。彼らは昨日, Everything Nowという新曲を発表しました。Daft PunkのThomas Bangalterも参加しています。

13.Lonesome Street -Blur(初)
犬猿の仲だったBlurとOasisですが、OasisのLiam Gallagherはこの曲を2015年のお気に入りの曲と公言しています。Damon Albarnの気だるげな声と終盤の口笛が最高です。そういえばLiam Gallagherもつい先日、新曲を発表しましたね。ハーモニカが渋いです。

14.When a Fire Starts to Burn -Disclosure(初)
現在活動休止中のDIsclosureから懐かしいこの曲。こういった電子音楽のジャンルはBPMやビートで決まるそうですが、難しいのでわかりません、たぶんテクノかハウスといったところでしょうか。(詳しい人教えてください)

15.Let’s Hurt Tonight -OneRepublic(初)
昨年のアルバム”Oh My My”から。コード進行がAviciiの”For a Better Day”と全く同じですが、そんなことは全然気にならないほど素晴らしい曲だと思います。僕の中では2016年のベスト5か10には入ります。

16.You’re on –Madeon(初)
Deadmau5、Muse、Blurなど様々なアーティストのリミックスや、39もの曲をマッシュアップした”Pop Culture”で一躍有名となったMadeon。19歳でMTV EMAのDJを担当し、さらにはLady GagaやColdplayと楽曲を共作するほどの実力者。また、機材を観客に見せながらのプレイも必見です。

17.The City -The 1975(初)
厳密には二曲目で…(以下略)このアルバムが出た翌年の2014年には200本以上のライブを敢行しました。昨年出たアルバムのタイトルが長すぎる。

18.Thriller -Fall Out Boy(初)
イントロのアナウンスはJay-Z。僕がライブでこの部分も叫んでいたら周りの人に引かれました。そしてここから怒涛のFueled by Rmaenラッシュが始まります…
※Fueled by Ramen: レーベルの名前です。

19.Heavydirtysoul -Twenty One Pilots(初)
Fueled by Ramenから二組目。ラップ(歌詞には”this is not rap, this is not hiphop. just another attempt to make the voice  stop”とありますが…)とドラムの組み合わせがかっこいい。

20.This is Gospel -Panic! at the Disco(初)
三組目。昨年サマーソニックで来日しましたね。彼らはもともと、誤解を恐れずに言えばFall Out Boyの子分的存在でしたが、最近は本国アメリカでは人気が逆転している感じがします。

21.Hard Times -Paramore(初)
四組目。つい最近ニューアルバムが発売されましたね。なかには「これはParamoreではない。Paramoreを名乗る誰かだ」と主張する人もいるとか。

22.Life in Technicolor ⅱ  -Coldplay(初)
アルバム”Viva la Vida or Death and All His Friends”の一曲目の”Life in Technicolor”に歌がついたヴァージョン。”Prospekt’s March”という限定EPに収録されていましたが、後になってコンプリートエディションと称してアルバムとセット販売され、A○azonレビューでは批判の声も。(笑)

23.Harder to breathe -Maroon 5(初)
歌詞だけでなく曲までもがチャラチャラしている、近年の曲の雰囲気とは違った一曲。どちらも良いと思いますが。

24.Amsterdam -Nothing But Thieves(実は2曲目)
9月発売のアルバムのリードシングルとなっています。最後のコーラス直前のヴォーカルソロにシビレる! プレイリストに入れてから気がついたのですが、この曲、実はアルバムの2曲目でした…。まだシングルだけだからセーフ!!

25.Love The Way You Lie Pt.2 -Rihanna feat. Eminem(終)
25曲目にして初のラストトラックです。本家と違ってRihannaの歌唱部分が多いバージョン。

26.Sharp Edges -Linkin Park(終)
先月発売のニューアルバムから。大幅な路線変更をしたことで酷評されている彼らですが、Metacritic43点はさすがに笑いました。

27.Good Grief -Bastille(初)
Good Griefとは「なんてこった/やれやれ」という意味だそう。収録アルバムは前作と変わってギターが取り入れられている曲もあっていいですね、持ってませんが。

28.Shelter -Porter Robinson & Madeon(初)
前述の Porter RobinsonとMadeonが奇跡のコラボレーション!曲調はどちらかと言えばPorter寄りですが、歌っているのはMadeonです。MVはなんと日本のアニメ制作会社、A-1 Picturesとの共同制作。アコースティックバージョンも素晴らしいので是非ご覧あれ!

29.Begin Again -Taylor Swift(終)
それほど彼女の曲に詳しくはありませんが、この曲は一度聴いただけでいいなぁと思った記憶があります。歌詞が切ないですね。

30.Bound 2 -Kanye West(終)
Taylor SwiftとKanye Westをあえて並べてみました。(残念ながら”Famous”は一曲目ではないのですが…)彼は元ネタの”Bound”という曲を無断でサンプリングし、訴えられています。先日観た映画でシリアスなシーンなのに「 私カニエ・ウェストの曲を聴きたい!」という台詞があり、ギャグにしか聞こえませんでした。(笑)

31.With You Friends (Long Drive) -Skrillex(終)
シメの一曲。実はSkrillexさん、こんなのも作れるんです。切なくも盛り上がる曲。

コメントを残す