2018.5.26のPlaylist(担当: 39期F)夏フェス予習プレイリスト

39期 F 「フジロック・サマソニ予習プレイリスト」 (5/26)
みなさんこんにちは。もうすっかり夏ですね!!! 夏休みにはフェスに参加するという方も多いのではないでしょうか?と、いうわけでFuji Rock FestivalとSummer Sonic (+Sonic Mania)の計6日の各日からアーティスト32組をピックアップしてみました。

〜フジロック1日目〜
1. If You’re Over Me –Years & Years
7月にアルバムリリース予定の彼ら。軽やかなメロディに加え、クラップがあって盛り上がること間違いなし。売れっ子(オジサン)Steve Macも参加。

2. Late Night –ODESZA
1日目本命。(サカナクションも観たい) 先月行われたCoachella Festivalにも出演した彼ら。ブレイクが心地よいです。

3. Don’t Don’t Do It! –N.E.R.D. & Kendrick Lamar
「ドンドンDo It!」に聴こえます。(どっちなんだ…)このKendrick Lamarのラップスタイルは珍しいような気がします。2日目ヘッドライナーの彼が1日目HLのN.E.R.D.と共演すると面白いですね、無さそうですが。Frank Oceanもライティングに参加しています。

〜フジロック2日目〜
4. Night Time –Superorganism
今年2月に来日公演を行なった彼ら(彼女ら)が早くもカムバック。アルバムにはサイケデリックな楽曲が多い中、この曲はラストトラックとあってか比較的おさえめです。

5. Full of Pride –Starcrawler
絶妙なダサさですね。3月には日本で5公演も行いました。アルバムは10曲27分と短いので聴いてみてください。

6. Subways –The Avalanches
昨年のFRFにも登場しました、今回はDJセット。”Because I’m Me”など、お祭り感のある曲が多くてピッタリです。

7. Kids –MGMT
2月にリリースされた新作”Little Dark Age”も良かったですが、フェスにはこの曲がぴったりだと思い選びました。余談ですがMGMTとは前身となったバンド”The Management”の略だそうです。

8. Fuck That –Skrillex
以前のようにギャリギャリウィンウィンしたサウンドではないけど曲の構成はそんなに変わっていないと感じた曲。どちらのサウンドも好きですが部室で聴くなら…

9. FEAR. –Kendrick Lamar
今まで彼のコンサートでプレイされたことはありませんが、個人的にお気に入りなので取り上げました。1ヴァース目では7歳の頃の母親に対する、2ヴァース目では17歳の頃の死に対する、そして3ヴァース目では27歳(現在)の名声・金を手に入れたことに対する恐れ(Fear)をラップしています。このような視点の転換は彼の得意技で、他にも”Swimming Pools (drank)”や”These Walls”などで見られます。声を使い分けているのも面白いです。

〜フジロック3日目〜
10. Butterflies –Kacey Musgraves
カントリーのアーティストだと思っていましたが、ポップスっぽい曲もあって気に入りました。先週にはプロモーション来日していましたね。

11. Leave a Trace –CHVRCHES
ヴォーカルのLauren Mayberryがかわいい!!(声も)

12. Cousins –Vampire Weekend
バチっとキマった曲もいいですが、彼らの場合このくらいワチャワチャした感じの方がバンド感があって好きです。

13. Subterranean Homesick Blues –Bob Dylan
彼の曲は10曲知っているかどうかというレベル(この曲を元ネタにしたRadioheadの”Subterranean Homesick Alien”を先に知ったという程)なので、この曲が彼の初めてのチャート入りした曲だということや、今日のMVの先駆けになったということを知って驚きました。

~ソニックマニア〜
14. Uh Uh –Thundercat
超絶ベースプレイに酔いしれましょう。

15. Solo feat. Demi Lovato –Clean Bandit
こういうヴォーカルチョップは大好きです。

16. When You Sleep –My Bloody Valentine
先ほどのBob Dylanもそうでしたが、現代の曲と比べてレコーディング(?)の質が劣るように聴こえます、こちらも味があって良いですが。

17. My Violent Heart –Nine Inch Nails
静と動の使い分けが良いですね。ほんの少しBlurの”Song 2”に似ている気がします。

〜サマーソニック1日目@幕張(Not Tokyo)〜
18. ‘Cause I’m A Man –Tame Impala
脱力しきった曲調でこんなことを言われると開き直っているようにしか聞こえません。(笑)

19. Play –Marmozets
ここから4曲はMountain Stageのアーティストです。初日はハードなロックで盛り上がりたい!という方におすすめです。

20. High Road –Mastodon
メタルですが途中からメロディアスになるので聴きやすいです。

21. Over It –Bullet for My Valentine
来月末リリース予定の新アルバムより。イントロがBring Me the Horizonの”Happy Song”に、AメロはHoobastankの”Crawling In the Dark”に似ています。

22. The Way You Used To Do –Queens of the Stone Age
リフも特徴的ですが、ファルセットのパートがかっこいいです。プロデューサーには、かのMark Ronsonを起用。昨年はフジロックにも出演しています。大阪では観られないのでぜひ!

23. Trust Fund Baby –Why Don’t We
平均年齢18歳、アメリカのボーイズグループ。ライティングにはお馴染みSteve MacとEd Sheeranが参加。ワー○ージャパンがゴリ押ししていてややウンザリ…。某gan Paulとのコラボもありあまり良い印象はないです。

24. Alone –Marshmello
ドロップで一瞬ビートが途切れてからハイハットが入ってくるの、天才だと思います。ベタかなと思いつつ入れました。ソニマニにも出演。

25. In the Heart of the Moment –Noel Gallagher’s High Flying Birds
1日目のトリを飾るのは彼(ら)!まだ50歳と聞いて驚きました。シンプルなMVもかっこいいです。そしてノれます。

26. Beautifully Unconventional –Wolf Alice
短い曲で無駄のない感じがクールです。ミッドナイトソニックに出演。

〜サマーソニック2日目@幕張〜
27. Ain’t It Fun –Paramore
クラップも合唱もあって確実に盛り上がりますね。ベースが強調されていて好きです。

28. How Far I’ll Go –Alessia Cara
映画”モアナと伝説の海”のために書き下ろされた曲ですが、彼女のライヴでも演奏されるようです。ちなみに日本語版を歌っているのは加藤ミリヤだそう。加藤ミリヤといえば高校の時に、彼女が大きく掲載されたクリアファイルが配られてみんなに遊ばれていたのが印象に残っています。

29. Machika –J. Balvin
マジか。昨日リリースの新アルバム”Vibras”より。最もフロアを沸かせるのはおそらくこの男!

30. Remember the Name –Fort Minor
出演はMike Shinodaとしてですが、もちろんFort Minorの曲もやります。先日公開された映画”ピーターラビット”にも歌詞を書き換えて使用されています。

31. Angels feat. Saba –Chance the Rapper
僕の好きな食べ物は”サバ”です。SoundCloudで聴いていた頃が懐かしいです。

32. Blackbird Chain –Beck
プレイリスト最後にふさわしい穏やかな曲ですね。ですが、ライヴの最後は華やかに終わって欲しい派です。

コメントを残す