2018.3.17 追いコン (担当: Sean)

36期会長と前後半で担当させていただきました。
卒業というテーマに関連した曲だったりそうでなかったり、いつも通りごちゃ混ぜです。

1. Dark Horse ft. Juicy J -Katy Perry (2013)
36期が入部した2014年に流行っていた曲。この頃はほとんどUKロックしか聴いていなかったので、Juicy JとJessie Jが同一人物だと思っていました。

2. Mrs. Robinson -Simon & Garfunkel (1968)
映画『卒業』より。

3. Night Fever -Bee Gees (1977)
映画『サタデー・ナイト・フィーバー』より。ビル研の活動時間は毎週土曜の夕方から夜なのでぴったりだと思いました。

4. All The Stars -Kendrick Lamar, SZA (2018)
MARVEL新作の映画『ブラックパンサー』より。サウンドトラックをKendrick Lamarが手がけたことでも話題です。ここまで紹介した映画は3作ともまだ観ていません(笑)

Kendrickは2015年のTo Pimp A Butterflyから4年連続で新作を発表し続けていて、非常に精力的に活動しています。今年のフジロックにもヘッドライナーとして参加します。

5. Clearest Blue -CVRCHES (2015)
CHVRCHESは、ボーカルのLauren Mayberryでお馴染みのイギリスのシンセポップバンドです。今年のフジロック出演予定。

6. Rock The Casbah -The Clash (1982)
パンクは単調な感じがしてあまり好みではないのですが、80年代のポストパンク〜ニューウェイブの流れは、表現の幅が拡大していく様がはっきりと感じ取れておもしろいです。このようなムーブメントを先導したバンドの代表がClashです。

7. Look Back In Anger -David Bowie (1979)
Oasisの代表曲Don’t Look Back In Angerのタイトルはこの曲から取られています。

8. Bluebeard -Cocteau Twins (1993)
ポストパンクからシューゲイザーが生まれる過程で活躍したバンドです。この曲は後期に発表されたもので、ドリームポップにも近いです。Elizabeth Fraserの歌い方が独特で、お気に入りのバンドです。

9. The Greatest -Cat Power (2006)
ハスキーで優しい声がアコースティックな伴奏とよく合います。本名はChan Marshallで、猫派ではなく犬派だそうです。

10. I’ll Be Your Pilot -Belle and Sebastian (2018)
おしゃれなインディーロックバンドの代表格。最近は3ヶ月連続でEPをリリースするなど精力的に活動しています。この曲はこのうち2枚目に収録。

11. I Need You -The Beatles (1965)
この特徴的なギターの音は、Georgeのバイオリン奏法による演奏です。

12. Alison -Slowdive (1993)
こちらは完全なシューゲイザーで、歪ませたギターの音と不明瞭な歌声が生む浮遊感に病みつきになります。

13. Desert Rose -Sting (1999)
The Policeのフロントマンとして活躍したStingは、1985年からソロ活動を始めました。作曲のセンスが抜群で、Every Breath You Take、Englishman In New York、Fields Of Goldなど数多くの名曲を生み出しました。今年も新作を出しています。
この曲のアラビックな雰囲気を作っているコーラスは、アルジェリアのシンガーCheb Mamiによるものです。

14. Empty Room -Arcade Fire (2010)
カナダの7人組ロックバンド。男女のツインボーカルと美しい旋律が特徴。昨年発表したEverything Nowも名曲でした。

15. My Back Pages -Bob Dylan, Eric Clapton, George Harrison, Neil Young, Roger McGuinn, Tom Petty (1993)
Bob Dylanのデビュー30周年記念コンサートで披露されたバージョンです。なんと言ってもメンバーが豪華ですね。誰がどのパートを歌っているかわかるでしょうか?


Bob Dylanが多くのアーティストに支持されていることがよくわかります。
サビの“I was so much older then, I’m younger than that now”という歌詞が特に好きです。老いからは逃れられないので、心だけでも若さを保っていたいものです。
一昨年にはノーベル文学賞を受賞し話題となったBob Dylanですが、今年のフジロックにヘッドライナーとして出演することが決まりました!

16. My Life Would Suck Without You -Kelly Clarkson (2009)
卒業してしまうと、同期含めビル研のみなさんに会いづらくなると思うと寂しいです。ということで、最後はこの曲にしました!

コメントを残す