2018.9.15のPlaylist(担当: 40期A)

こんにちは。本日の企画者の40期Aです。
 さて早速本題ですが、本日のテーマは”underground”です。Billboard Hot 100 Chartには乗る気配も見せないけれど直観的にまたは技術的に素晴らしいなと思う曲というのが邦楽洋楽問わず世界には溢れています。僕は個人的にはそういった音楽の方が商業的な意味を比較的持ってない分、音楽を楽しむという意味でより純度が高いと思っています。加えてこの情報が流通しやすく、音楽という分野においてはsoundcloudやBandcampなどで簡単に自身の作品を発信できて、ストリーミングが主流になってきているこの時代こそ聴く立場としてはより音楽を能動的に探しやすく、いいタイミングに生まれたなーと感じます。
 テーマとそのジャンルレスな選曲のせいで共感性はあまり高くないとは思いますが、是非普段聴かない音楽に触れるというビル研の活動目的の文脈でも楽しんでもらえればと思います。なお、めちゃくちゃ時間がなかったので曲順はあんまり意識してません…

1.Enjoy Your Worries, You May Never Have Them Again/The Books
New Yorkの実験的エレクトロデュオ。彼らのアルバムThought for Foodは名盤です。
2.Pale/yahyel
3.Chance/D.A.N
こちらの二曲は日本のバンドから。どちらも今すごくホットです。
4.She/The Blaze
France出身の従兄弟デュオ。映像作家もしています。
5.Cavalier/James Vincent McMorrow
Dubrin出身。James Blake的なファルセットとエレクトロで今すごく好きな曲です。
6.Black Kennedy (feat. Common, Robert Glasper & Karriem Riggins)/August Greene
ラッパーで俳優のCommonが中心の3ピースバンド。メンツの経歴がえぐいです…
7.All We Got (feat. Kanye West & Chicago Children’s Choir)/Chance the Rapper
Chicago出身のラッパー。多幸感溢れるトラックが特徴的です。
8.Lower the Heavens/The Donkeys
Californiaのインディーバンド。この曲以外知らないのですがcalifornia感が好きです。
9.Figure 8/FKA twigs
Londonが拠点のシンガーソングライター。The xxやSBTRKTらと同じレーベルです。
10.We Go Home Together (feat. James Blake)/Mount Kimbie
こちらもLondonで活動するエレクトロデュオ。The Post-Dubstepという感じで好きです。
11.The Wheel/inc. no world
LAのデュオ。(二人組がなんか多い…)FKA twigsともコラボしています。
12.Fire/Justice
Parisのエレクトロデュオ。エレクトロのシーンを長年牽引してきたグループです。
13.Appreciate/Airliftz
Malaysiaで活動するsoundcloudから出てきた新人ラッパー。すごく無名ですが楽曲が割と好きです。
14.Cocoa Hooves/Glass Animals
Oxfordの4人組インディーロックバンド。ラジオで見つけた楽曲です。
15.Signal/SOHN
London出身、現在はWienで活動しているソングライター兼プロデューサー。これからのエレクトロシーンを引っ張っていきそうな感じがします。
16.Some/Steve Lacy
『DAMN.』にも参加した恐らく僕とタメ(19歳)のギタリスト。Syd tha KydらとThe Internetというバンドのメンバーとしての方が知られているでしょうか。
17.Moon River/Frank Ocean
Louisiana出身のR&Bシンガー。僕は彼のアルバムがすごい好きなのですが、この楽曲は『ティファニーで朝食を』の挿入歌として有名な同じ題名の楽曲のカバーです。
18.Love Is to Die/Warprint
LAを拠点とするガールズバンド。セルフタイトルが冠されたアルバムは必聴です。
19.Daddy Issues/The Neighbourhood
カリフォルニアのロックバンド。ダークな曲調がすごく好きです。
20.Empty Room feat. Benny Sings/Yaffle
Tokyo Recordingというレーベルの経営者でもある日本人プロデューサーです。
21.In Another Life/ Sandro Perri
Toronto出身のアーティスト。これもラジオで見つけた曲です。
22.A Fan’s Mail (Tron Song SuiteⅡ)/Thundercat
LAのアーティスト。今年summer sonicで来日も果たしました。
23.Already There (feat. Robert Glasper and Thundercat)/Taylor McFerrin
Brooklyn在住のDJ,プロデューサー。Jazzの文脈の電子音楽でかっこいいです。
24.Who Dat Boy (feat. A$AP Rocky)/Tyler, the Creator
Californiaのラッパー、プロデューサー。彼のレーベルOdd Futureは非常に面白いです。
25.Fists of Fury/Kamasi Washington
LAのジャズ・サックス奏者。あまりjazzは詳しくないですが、そのシーンでは大物です。
26.Area/MagnusTheMagnus
Sweden出身のアーティスト。恐らくappleのCMで起用された曲です。
27.大停電の夜に/cero
曲名の通り東京のポップバンド。最後にしっとりした感じで終わらせようと選びました。
※一枚に収めたかったのでコメントが少なくなってしまいました。気になった曲なんかがあったら是非気軽に訊いてください!!!

コメントを残す