2019.01.26の企画(担当: 38期Y)No.2ヒット特集

38期のYです。今回は2009年から現在までの約10年間の間にBillboard Hot100で最高位2位を記録した曲50曲から33曲を流します。()内の年はその曲が初めて2位になったチャートの日付の年です。

1 Heartless– Kanye West (2009)
アルバム”808s & Heartbreak”からの2ndシングル。2009年の年間9位。普段の企画では1曲目はもう少し明るい曲にするのですが、時系列順にした都合上この曲からになってしまいました。たまにAFNでかかっています。

2 I Know You Want Me (Calle Ocho) – Pitbull (2009)
Pitbullを一気に有名にした曲。もともと”75, Brazil Street”というダンスのインスト曲があり、それに歌詞をつけたものらしいです(初めて知りました)。この元の曲はChicagoの”Street Player”をサンプリングしています。

3 Best I Ever Had – Drake (2009)
Drakeが最初に売れた曲。1975年の全米1位ヒット”Fallin’ In Love”(Hamilton, Joe Frank & Reynolds)をサンプリングしています。

4 You Belong With Me – Taylor Swift (2009)
今回はTaylor Swiftが多いです。

5 Bad Romance – Lady Gaga (2009)
7週2位を記録したこの曲ですが、個人的には何故か2位といえばこの曲のイメージがあります。

6 Replay – Iyaz (2010)
懐メロ。

7 Today Was a Fairytale – Taylor Swift (2010)
映画『バレンタインデー』(原題: Valentine’s Day)のサントラから。

8 BedRock – Young Money feat. Lloyd (2010)
Lil Wayne, Gudda Gudda(誰?), Nicki Minaj, Drake, Tyga, Jae Millz(誰…)がラップしています。シングルバージョンでは最後の2人の部分が省略されてしまっています。

9 Need You Now – Lady Antebellum (2010)
今回は10年前から流していますが、現在も活躍している人(の初期)が多い気がします。(この曲は関係ない)

10 Airplanes – B.o.B feat. Hayley Williams of Paramore (2010)
“from EXILE TRIBE”っぽい。

11 Dynamite – Taio Cruz (2010)
曲を作ったのはDr. Luke, Max Martin, Benny Blanco, Bonnie McKeeと本人。

12 F**kin’ Perfect – P!nk (2011)
クリーンバージョンを流します。

13 F**k You! (Forget You) – Cee Lo Green (2011)
クリーンバージョンを流します(2 度目)。

14 Boyfriend – Justin Bieber (2012)
何故か1年くらい最高位2位のヒットが出ていませんでした。

15 Payphone – Maroon 5 feat. Wiz Khalifa (2012)

16 Wide Awake – Katy Perry (2012)
アルバム”Teenage Dream”のデラックス盤に追加された3曲の新曲のうちの1曲。この曲の前のシングル”Part Of Me”は初登場1位を獲得しています。

17 Lights – Ellie Goulding (2012)
降臨降臨…(calling)

18 Die Young – Ke$ha (2012)
この曲がヒットしていた時にアメリカの小学校で銃乱射事件があり、ラジオでかかる回数が急に減ったようです。

19 I Knew You Were Trouble. – Taylor Swift (2013)
アルバム”RED”の3rdシングル。Adele の”Send My Love (To Your New Lover)”はこの曲と同じくMax MartinとShellbackのプロデュースですが、Adeleがこの曲を聴いてMax Martinのチームと曲を作ろうと思ったそうです。

20 Mirrors – Justin Timberlake (2013)
大変申し訳ないですがフルで流すと長いので今回はラジオバージョンです。

21 Get Lucky – Daft Punk feat. Pharrell Williams
前奏の長いアルバムバージョンではなくラジオバージョンで流します。

22 We Can’t Stop – Miley Cyrus (2013)
Mike WiLL Made-Itプロデュース。その後”Black Beatles”と”Humble.”で1位を獲得しています。

23 Best Song Ever – One Direction (2013)
現時点で最高位が最も高い曲という意味では彼らにとっての”Best Song Ever”。

24 Counting Stars – One Republic (2014)
Bloodhound Gangの”Bad Touch”がこの曲に似ています。

25 Drunk In Love – Beyoncé feat. Jay-Z (2014)
2014年の第56回グラミー賞でのパフォーマンスを受けて2位に急上昇しました。

26 Problem – Ariana Grande feat. Iggy Azalea (2014)
同じIggy Azaleaの”Fancy”に1位を阻まれました。

27 Anaconda – Nicki Minaj
この曲が39位から2位に上昇した週にTaylor Swiftの”Shake It Off”が初登場1位となりました。

28 Take Me To Church – Hozier (2014)
3月1日にニューアルバム”Wasteland, Baby!”をリリースします。

29 Trap Queen – Fetty Wap (2015)
タイトルに”Queen”が入っている曲としては5曲目のtop10入りでした。バンドQueenは4曲がtop10入りしています。

30 7 Years – Lukas Graham (2016)
YUKIの「ポストに声を投げ入れて」のイントロがこの曲に雰囲気が似ている気がします。

31 Heathens – twenty one pilots (2016)
映画”Suicide Squad”のサントラから。

32 I Don’t Wanna Live Forever (Fifty Shades Darker) – ZAYN & Taylor Swift (2017)
今回のざっくりとした選曲基準としては、外すのは聞いたことがある人が多そうな曲にするというのがあったので、2018年の曲は少なくなっています。(“Mona Lisa”とか全然印象にないですが…)

33 ZEZE – Kodak Black feat. Travis Scott & Offset (2018)
現在もヒットしている曲の中から、”Lucid Dream”ではなくこちらを選びました。2位になった印象は薄いかもしれません。

コメントを残す